社会福祉法人和歌山ひまわり会



理事長 寺口 彰俊
人を育て、人を慈しみ、真心を込めた福祉サービスを。
 少子高齢化が現実となっている地域社会にとって、未来を担う児童の健全な育成と家族を育み地域社会の発展に寄与されてこられた高齢者への福祉・介護支援は非常に重要なテーマです。特に高齢者へのサポートは官民が一体となって総合的に、しかもおひとりおひとりの状況にきちんとスポットを当てながらの支援活動が求められています。
 和歌山ひまわり会の活動は、1976年和歌山市に保育園を開設したのが始まりです。そして2003年、広川町の協力を得て介護老人福祉施設「広川苑」を開設して以来、デイサービスセンターやケアハウス、グループホームや特別養護老人ホームなど地域の福祉・介護ニーズの高まりと広がりを見据え、利用者主体のサービスを心掛けながら積極的に展開してまいりました。
 そのためには、これまで移乗にスタッフ一人ひとりが使命感を持ちスキルを高めて、地域社会に貢献できるよう努力を重ねていかなければなりません。私たちの施設やサービスがそれぞれの地域に根差し活動していくことで、ひまわりの花のように地域の人々の心を元気で明るく出来ることを願っています。
 





 グループ基本理念

笑顔いっぱいの生活


 グループ経営理念

人を育て、人を慈しみ、人としてあるべき姿への支援を行う。
2.ゆとりある環境のもとに真心を込めた福祉サービスを提供する。
3.地域に開かれた施設として、地域福祉に貢献すると共に、地域の財産としてその価値の向上を図る。



 グループ運営方針

1.ご利用者・ご家族との信頼の絆と個人の尊厳を大切にし、生きがいと安らぎのある生活を提供していく。
2.介護サービスの多様化を図り、ご利用者の自立を支援していく。
笑顔とやさしさをモットーとし、家庭的な環境でのサービスを目指す。
職員の専門職としての能力開発と自己啓発を図る。
 


 『女性活躍企業同盟』宣言

きいちゃん当法人は、女性が大活躍してくれています。実際、女性が多くの管理職を務めています。女性が継続して活躍し、キャリアアップしていって頂く為に、各ライフイベントに応じて、様々な支援を実施しています。また、現場でも、共に働く仲間が協力し支援しています。
≪以下の支援は、男女ともに同様です≫
・産休や育休取得に向けた積極支援
・産休、育休後の復帰時における支援(短時間勤務など)
・キャリアアップにおける研修受講の支援
・有給休暇の取得支援(勤務シフトに組み込むなど)